アドフレームのツールバー概要

アドフレームはaddCadの構造フレーム解析オプションです。

アドフレームのリボン

 

1     基本設定

モデルタブ、レイアウトタブの設定をします。

 「基本設定」ダイアログボックス

 

2     材料設定

使用する材料の設定をします。

 「材料を設定」ダイアログボックス

 

3     断面設定

使用する材料の断面を設定します。

 「断面を設定」ダイアログボックス

 

4     部材配置

ビーム/トラスを作図、変更します。

(1)     部材配置

ビーム/トラスを作図します。

「部材を配置」ダイアログボックス

(2)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\BeamEdit.PNG 部材変更

ビーム/トラスを変更します。

(3)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Mbr2Break.PNG 部材2分割

ビームを2分割します。

(4)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Mbr4Break.PNG 部材4分割

ビームを4分割します。

(5)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Beamconv.PNG ビームに変換

線図を構造部材(ビーム)に変換します。

(6)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Trussconv.PNG トラスに変換

線図を構造部材(トラス)に変換します。

 

5     支点作成

支点を作成、変更します。

(1)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Support.PNG 支点作成

支点を作成します。

「支点を作成」ダイアログボックス

(2)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\SupportEdit.PNG 支点変更

支点を変更します。

 

6    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Release.PNG 拘束はずし

節点の拘束はずしを作成、変更します。

(1)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Release.PNG 拘束はずし

節点の拘束はずしを作成します。

「拘束はずし」ダイアログボックス

(2)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\ReleaseEdit.PNG 拘束はずし変更

節点の拘束はずしを変更します。

 

7     荷重設定

荷重の表現を設定します。

「荷重設定」ダイアログボックス

 

8     集中荷重

節点の集中荷重を作成します。

「節点の集中荷重を作成」ダイアログボックス

 

9     モーメント荷重

節点のモーメント荷重を作成します。

「節点のモーメント荷重を作成」ダイアログボックス

 

10  分布荷重

分布荷重を作成します。

分布荷重を作成」ダイアログボックス

 

11  自重を配置

ビーム自重を分布荷重として、トラス自重を始点終に作用する集中荷重として作成します。

 

12  荷重変更

分布/集中/モーメント荷重を変更します。

(1)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\LoadCEdit.PNG 集中荷重を変更

集中荷重を変更します。

(2)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\LoadLEdit.PNG 分布荷重を変更

分布荷重を変更します。

(3)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\LoadMEdit.PNG モーメント荷重を変更

モーメント荷重を変更します。

 

13  計算

計算用のデータを作成します。

(1)     準備計算

計算用のデータを作成します。

「計算用のデータを作成」ダイアログボックス

(2)     解析実行

解析を実行します。

「解析を実行」ダイアログボックス

 

14  荷重ケース別表示

(1)     荷重ケース別表示

荷重ケース別に計算結果を表示します。

「荷重ケースごとの表示/非表示」ダイアログボックス

(2)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseViewAll.PNG すべての荷重ケースを表示

すべての荷重ケースの要素を表示します。

(3)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseView1.PNG 荷重ケース1 を表示/非表示

荷重ケース1の要素を表示します。

(4)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseView2.PNG 荷重ケース2 を表示/非表示

荷重ケース2の要素を表示します。

(5)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseView3.PNG 荷重ケース3 を表示/非表示

荷重ケース3の要素を表示します。

(6)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseView4.PNG 荷重ケース4 を表示/非表示

荷重ケース4の要素を表示します。

 

15  表示

(1)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Find.PNG 部材・節点検索

部材、節点の番号を指定して図面上の位置を表示します。

(2)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Beamxy.PNG 部材の座標軸(x,y)を表示

部材座標系のx軸(赤色)、y軸(緑色)を書く部材中点に表示します。

 

(3)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\COLOR.PNG 色設定、要素ごとの表示/非表示

「色設定」ダイアログボックス

 

(4)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\SelView.PNG 部材を選択して表示/非表示

選択した部材のみ表示します。何も選択しないとすべての部材を表示します。

 

(5)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseViewP.PNG 部材を選択してその計算結果を表示

 

(6)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\AnalysisErase.PNG 結果表示を削除

計算結果の図表示を削除します。

 

16     パース表示

(1)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\u2.ADDS_02\Documents\Dev\AutoCAD 2011 Icon\PNG_S\VIESWI.PNG 南西視点(パース表示)

南西視点でパース表示します。

(2)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\u2.ADDS_02\Documents\Dev\AutoCAD 2011 Icon\PNG_S\VIESEI.PNG 南東視点(パース表示)

南東視点でパース表示します。

(3)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\u2.ADDS_02\Documents\Dev\AutoCAD 2011 Icon\PNG_S\VIENEI.PNG 北東視点(パース表示)

北東視点でパース表示します。

(4)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\u2.ADDS_02\Documents\Dev\AutoCAD 2011 Icon\PNG_S\VIENWI.PNG 北西視点(パース表示)

北西視点でパース表示します。

(5)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\u2.ADDS_02\Documents\Dev\AutoCAD 2011 Icon\PNG_S\VIETOP.PNG 平面図

上からの視点で平面図表示します。

 

17    ツール

(1)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Weight.PNG 質量を積算

質量の積算書をExcelに出力します。

 

(2)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Frame.PNG 多層ラーメンを作成

スパン、高さを入力して多層ラーメンを自動作成します。

 

 

(3)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Truss.PNG 3Dトラスを作成

寸法を入力して3Dトラスを自動作成します。

 

(4)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\TAPER.PNG テーパー管を作成

分割数を指定してテーパー管を作成します。

 

(5)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Excel.PNG 計算結果をExcelに出力

計算解析結果をExcelに出力します。

 

 

18  アドフレーム ヘルプ

アドフレームのヘルプを表示します。

(1)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\HELPG.PNG アドフレーム 概要

アドフレームのヘルプ「ツールバーの概要」を表示します。

(2)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\HELPB.PNG アドフレーム 詳細

アドフレームのヘルプ「各アイコンの使い方」を表示します。

(3)    説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\HELPR.PNG アドフレーム 例題

アドフレームのヘルプ「例題」を表示します。


アドフレーム各コマンドの説明

*       部材座標系とワールド座標系

アドフレームではAutoCADの部材座標系とワールド座標系を使います。

部材座標系は図のように部材の軸(始点→終点方向)にz軸を置き、XY平面と平行になるようにx軸を設定した座標系です。

「拘束はずし」はこの部材座標系に対して配置します。またビームの回転角度を設定する時もこの座標系が使われます。

荷重はAutoCADのワールド座標系で入力します。計算結果はMXなど大文字のXYZが使われている場合はワールド座標系で小文字のxyzが使われている時は部材座標系です。応力の表示は部材座標系になりますので注意してください。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 059

 

 基本設定

「基本設定」ダイアログボックス

 

1.     「プロジェクト名」欄にプロジェクト名を入力します。

   プロジェクト名は、省略することができますが、計算結果のファイルにはこのプロジェクト名が表示されます。

2.     内部計算用の基本単位を、「長さ」、「荷重」のそれぞれのリストの中から選択します。

*       基本単位

計算時に内部で使われる基本単位です。図面をmm単位で作図している場合は「長さ」は「mm」とします。

荷重の単位は計算結果に使われます。荷重を入力する時は他の単位を使っても内部でこの基本単位に変換され計算に使用されます。

SI単位への変換定数は9.80665です。

3.     2次元(XY/XZ平面)または、3次元のいずれかにチェックを入れてフレームの形状を決めます。

それぞれ次のようなフレームとして扱われます。図はイメージです。各部材の形状は表示されず、線分で表示されます。

2次元にチェックを入れて3次元のフレームを作図すると計算時にエラーになります。

 

  2次元(XY平面)で設定した場合

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 2dyM

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 2dyL[要素]タブ

  2次元(XZ平面)で設定した場合

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 2dzM

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 2dzL[要素]タブ

  3次元で設定した場合

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 3dM 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 3dL[要素]タブ

 

4.     印刷デバイス、用紙サイズ、向き、縮尺を設定します。

5.     設定が終了すれば、[OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。

 

「作業フォルダ」は、現在開いている図面のあるフォルダとなります。ダイアログボックスで変更することはできません。変更するには図面を「名前を付けて保存」してください。

 

 材料設定

「材料を設定」ダイアログボックス

1.    登録された設計規準または、任意の規準を「材料名」欄に追加します。

2.    必要な材料名の設定が終了すれば、[OK]ボタンをクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

  [変更]ボタンで材料の設定を変更、[削除]ボタンで、材料名リストから材料名を削除することができます。

 

¨  登録された設計規準を使用するには

1.    登録された設計規準のリストの中から選択します。選択された設計規準に応じたヤング率、せん断弾性係数、比重が表示されます。

2.    [追加]ボタンをクリックします。材料名のリストに設計基準が追加されます。

*       ヤング率

縦弾性係数

軸方向の力を加えた時に、軸方向応力度と部材の単位長さあたりの伸び縮みの量(ひずみ度)を比であらわした数

*       せん断弾性係数

単純せん断応力状態で与えられるせん断応力度と、せん断ひずみ度との比

*       ポアソン比

軸方向に伸び縮み(縦ひずみ)を与えたとき、軸と直交する方向に生ずる伸び縮み(横ひずみ)と、元の縦ひずみとの比の絶対値

ポアソン比 = ヤング率 / (2 × せん断弾性係数) − 1

*       比重

ある物質の質量と、それと同体積の標準物(1g1cm3)の質量との比

 

設計規準の種類

鋼(『鋼構造設計規準』日本建築学会

鋼(『道路橋示方書』日本道路協会

コンクリートFC24(『鉄筋コンクリート構造設計規準』日本建築学会

 

¨  リスト以外の設計規準を設定するには

1.    材料名、ヤング率、せん断弾性係数、比重を入力します。

2.    [追加]ボタンをクリックします。材料名のリストに名称が追加されます。

 

「基本設定」ダイアログボックスで設定した基本単位を変更するには、[基本単位の変更]ボタンをクリックして、「基本単位の変更」ダイアログボックスで、「長さ」、「荷重」を変更します。

 

 断面設定

「断面を設定」ダイアログボックス

1.    カタログに登録された断面または、任意の断面を設定します。

2.    [追加]ボタンをクリックして、「断面名」欄に追加します。

3.    必要な断面名の設定が終了すれば、[OK]ボタンをクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

  [変更]ボタンで断面の設定を変更、[削除]ボタンで、断面名リストから断面名を削除することができます。

 

以下の断面の設定はすべて部材座標系でおこないます。

*       全断面積 A

部材を部材軸に直角に切断したときの断面の面積

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 051

*       X軸せん断面積

X軸方向のせん断力に抵抗する部分の面積

0とすればせん断変形が無視されます。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 052

*       Y軸せん断面積

Y軸方向のせん断力に抵抗する部分の面積

0とすればせん断変形が無視されます。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 053

*       X軸断面2次モーメント Ix

X軸まわり(H形鋼の場合の強軸まわり)の曲げ剛さをあらわす数

*       Y軸断面2次モーメント Iy

Y軸まわり(H形鋼の場合の弱軸まわり)の曲げ剛さをあらわす数

*       断面2次極モーメント(閉断面以外ではねじり剛さ) J

Z軸まわり(ねじり)のねじれ剛さをあらわす数

 

 

¨  カタログに登録された断面を使用するには

1.    リストの中から、部材の種類を選択します。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: sec1a

2.    リストの中から、部材のサイズを選択します。選択された部材のサイズが断面名に表示され、また各断面性能の値も表示されます。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: sec1b

  断面名は、選択された部材のサイズが既定値となります。「断面名」欄で別の名前に変更することもできます。

¨  カタログにない任意の断面を設定するには

1.    [任意断面の断面性能]ボタンをクリックして、「断面性能を計算」ダイアログボックスを表示します。

2.    部材の種類をタブの中から目的の形状のタブを選択して、各部の寸法を入力します。断面性能が計算され、ダイアログボックスに表示されます。

「断面性能を計算」ダイアログボックス

  「断面名」欄に表示される構造部材スタイル名は部材の形状とサイズが既定値となります。「断面名」欄で別の名前に変更することもできます。

3.    [OK]ボタンをクリックすると、「断面を設定」ダイアログボックスに戻ります。

  「断面を設定」ダイアログボックスの断面名は、指定されたスタイル名が既定値となります。「断面名」欄で別の名前に変更することもできます。

¨  「断面性能を計算」ダイアログボックスにない任意の形状を設定するには

1.    断面名、全断面積、せん断面積などの各断面性能と単位を入力します。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: sec3

 

「基本設定」ダイアログボックスで設定した基本単位を変更するには、[基本単位の変更]ボタンをクリックして、「基本単位の変更」ダイアログボックスで、「長さ」、「荷重」を変更します。

 

 部材配置

 「部材を配置」ダイアログボックス

1.    材料、断面を各リストの中から選択します。

2.    回転角度は、リストの中から選択するか、直接ダイアログボックスに入力します。

3.    部材のタイプとして、ビーム、トラスのどちらかにチェックを入れます。

4.    設定が終了すれば、[作図]ボタンをクリックして、始点と終点を指示します。

  右クリックで終了するまで、同じ断面の部材が続けて作図されます。

5.    作図が終了すれば、[閉じる]ボタンをクリックして、コマンドを終了します。

 

*       回転角度

下から上に作図した柱の場合 ― ワールド座標X軸と部材座標x軸との角度

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 057

柱以外の場合 ― ワールド座標XY平面と部材座標x軸との角度

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 058

*       ビーム

曲げモーメントと軸力の両方を負担する部材

*       トラス

軸力のみを負担する部材

 

材料、断面を追加するには、それぞれの[追加]ボタンをクリックして、「材料設定」、「断面設定」のダイアログボックスを開き、材料、断面の設定を追加します。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\BeamEdit.PNG 部材変更

「部材を変更」ダイアログボックス

1.    コマンドラインに「オブジェクトを選択:」と表示されます。

2.    変更する部材を選択します。

  一度に複数の部材を変更することもできます。同じ材料・断面の部材を複数選択するとその材料・断面が表示されますが、そうでない場合は空白になります。

3.    選択された部材の材料、断面、回転角度、部材のタイプがダイアログボックスに表示されます。

4.    変更する項目の設定が終了すれば、[変更]ボタンをクリックします。

5.    ダイアログボックスが閉じられ、部材が更新されます。

 

材料、断面を追加するには、それぞれの[追加]ボタンをクリックして、「材料設定」、「断面設定」のダイアログボックスを開き、材料、断面の設定を追加します。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Mbr2Break.PNG 部材分割

1.    コマンドラインに「分割するビームを選択(右クリックで終了)  :」と表示されます。

2.    分割するビームを選択します。

3.     次に「部材上の分割点を指示 」と表示されます。

4.     画面上で任意の分割点を指示します。

5.     部材が分割されると、コマンドラインに「選択されたビ−ムは、分割されました」と表示されます。

  右クリックでコマンドを終了するまで、部材の分割ができます。

 

分割できる部材は、ビームのみです。トラスは分割できません。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Mbr4Break.PNG 部材4分割

1.    コマンドラインに「4分割するビームを選択(右クリックで終了)  :」と表示されます。

2.    分割するビームを選択します。

3.     部材が分割されると、コマンドラインに「選択されたビ−ムは、4分割されました」と表示されます。

  右クリックでコマンドを終了するまで、部材の分割ができます。

 

分割できる部材は、ビームのみです。トラスは分割できません。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Beamconv.PNG ビームに変換

線図を構造部材(ビーム)に変換します。ADTAecsBeamConvertコマンドです。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Trussconv.PNG トラスに変換

線図を構造部材(トラス)に変換します。ADTAecsBraceConvertコマンドです。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Support.PNG 支点作成

「支点を作成」ダイアログボックス

1.    必要な軸方向、軸まわりにチェックを入れて、自由度を設定します。

*       自由度

拘束されていない座標軸を意味します。ピン支点と呼ばれる支点は軸まわりに自由度がある節点のことです。

座標系はワールド座標系です。

Y軸まわりの回転とX方向の移動に自由度を与えた場合図面上の表現は次のようになります。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 054   説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 055

2.    「大きさ」欄に、支点ブロックのサイズを入力します。

3.    設定が終了すれば、[作図]ボタンをクリックします。

4.    コマンドラインに「挿入位置を指示(右クリックで終了)  : 」と表示されます。

5.    支点を作図する位置を指示します。

  右クリックで終了するまで、同じ支点が続けて作図されます。

6.    作図が終了すれば、[閉じる]ボタンをクリックして、コマンドを終了します。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\SupportEdit.PNG 支点変更

「支点を変更」ダイアログボックス

1.    コマンドラインに「オブジェクトを選択:」と表示されます。

2.    変更する支点を選択します。

  一度に複数の支点を変更することもできます。同じ設定の支点を複数選択するとその設定が表示されますが、そうでない場合は空白になります。

3.    選択された支点の自由度、大きさがダイアログボックスに表示されます。

4.    変更する項目の設定が終了すれば、[変更]ボタンをクリックします。

5.    ダイアログボックスが閉じ、支点が更新されます。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Release.PNG 拘束はずし

「拘束はずし」ダイアログボックス

1.    必要な軸方向、軸まわりにチェックを入れて、ビームとビームの接合部の自由度を設定します。

ここでいう自由度とは支点の自由度と違ってダイアログボックスに図示してある部材座標系になりますので注意してください。

2.    「大きさ」欄に、拘束はずしブロックのサイズを入力します。

3.    「位置」欄で、拘束はずしを作図する位置を指定します。

  「図上で指示」と指定した場合は、指示した点に近いほうの端点に拘束はずしが作図されます。

4.    設定が終了すれば、[作図]ボタンをクリックします。

5.    コマンドラインに「対象の構造部材を指示(右クリックで終了) :」と表示されます。

6.    拘束はずしを作図する位置を指示します。

  右クリックで終了するまで、同じ拘束はずしが続けて作図されます。

7.    作図が終了すれば、[閉じる]ボタンをクリックして、コマンドを終了します。

 

*       拘束はずし

次のようなH形鋼で構成された桁があるとします。この桁はいわゆるゲルバー梁で、Aの点では桁どうしが剛接合ではなくピン接合されています。

この場合A点での曲げモーメントは必ず0になります。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 060

曲げモーメントが伝達されない節点に下図の○印のようにビームのA側に「拘束はずし」を配置します。

移動は拘束し、回転は拘束しない拘束はずしですので、部材座標系x軸とy軸まわりの自由度があるように設定します。

また連続梁の端部のピン支点にも部材座標系xy軸まわりの拘束をはずして、曲げモーメントがゼロになるようにします。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 062

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\ReleaseEdit.PNG 拘束はずし変更

「拘束はずしを変更」ダイアログボックス

1.    コマンドラインに「オブジェクトを選択:」と表示されます。

2.    変更する拘束はずしを選択します。

  一度に複数の拘束はずしを変更することもできます。同じ設定の拘束はずしを複数選択するとその設定が表示されますが、そうでない場合は空白になります。

3.    選択された拘束はずしの自由度、大きさ、位置がダイアログボックスに表示されます。

4.    変更する項目の設定が終了すれば、[変更]ボタンをクリックします。

5.    ダイアログボックスが閉じ、拘束はずしが更新されます。

 

 荷重設定

「荷重設定」ダイアログボックス

1.    「節点荷重」欄で、矢印の大きさと矢印の長さを入力します。

2.    「分布荷重」欄で、図形の大きさ(縦方向)と単位長さ(横方向)を入力します。

3.    すでに荷重が作図されているときは、[この大きさで荷重図を再作図]ボタンをクリックして、図面を更新します。

4.     必要に応じて、「荷重ケース」タブで、ケース14にチェックを入れ、荷重ケースの名称を入力します。

  複数の荷重ケースを設定しない場合は、名称のないケース1のみ使用することができます。

「荷重ケース」タブ

*       荷重ケース

アドフレームでは4つまでの荷重ケースを使うことができます。自重、積載荷重、衝撃荷重、地震力、風圧力などの荷重別のケースを設定すると便利でしょう。

荷重ケースを複数組み合わせたいわゆる「荷重の組合せ」は設定することはできません。「荷重の組合せ」が必要な場合は計算結果のhtmlファイルをExcelなどに読み込んで事後処理する必要があります。

 

5.     必要に応じて、「荷重に使う単位」タブで、集中荷重、モーメント荷重、分布荷重の各単位を設定します。

「荷重に使う単位」タブ

  既定値は、「基本設定」ダイアログボックスで設定された基本単位となります。集中荷重、モーメント荷重、分布荷重とも同じ単位を使う場合は、変更する必要はありません。逆に基本単位と関係なく設定することも可能です。その場合はプログラム内では入力された単位を基本単位に換算して計算されます。SI単位への変換定数は9.80665です。

 

「基本設定」ダイアログボックスで設定した基本単位を変更するには、[基本単位の変更]ボタンをクリックして、「基本単位の変更」ダイアログボックスで、「長さ」、「荷重」を変更します。

 

 

 集中荷重

「節点の集中荷重を作成」ダイアログボックス

1.    各方向の集中荷重を入力します。

  「荷重設定」ダイアログボックスで指定した荷重ケースのタブのみ入力することができます。

 

*       集中荷重

1つの点に集中して作用する荷重です。アドフレームでは節点以外の部材の中間にも集中荷重を置くことができます。その場合は後の計算処理で自動的に荷重点に節点が生成されます。

荷重の方向はワールド座標系XYZ軸に平行な荷重のみです。平行でない荷重を扱う場合はあらかじめXYZ軸に平行な荷重にベクトル分解してから入力してください。

 

2.    設定が終了すれば、[作成]ボタンをクリックします。

3.    コマンドラインに「荷重点を指示(右クリックで終了) :」と表示されます。

4.    荷重点を作成する点を指示します。

  右クリックで終了するまで、同じ集中荷重が続けて作成されます。

 

部材の方向にそった荷重などを使うときは、あらかじめUCSを変更しておいて、「UCSで入力」をマークしてUCSを基準にした荷重を入力します。自動的にWCSの荷重に換算されます。計算は換算されたWCSの荷重でおこなわれます。

「基本設定」ダイアログボックスで設定した基本単位を変更するには、[基本単位の変更]ボタンをクリックして、「基本単位の変更」ダイアログボックスで、「長さ」、「荷重」を変更します。

表示される荷重の大きさや荷重ケースなど、「荷重設定」ダイアログボックスで設定した項目を変更するには、[荷重設定]ボタンをクリックして、「荷重設定」ダイアログボックスを開き、必要な項目の設定を変更します。

 

 モーメント荷重

「節点のモーメント荷重を作成」ダイアログボックス

1.    各方向のモーメント荷重を入力して、リストの中から単位を指定します。

  「荷重設定」ダイアログボックスで指定した荷重ケースのタブのみ入力することができます。

 

*       モーメント荷重

1つの点に作用するモーメントです。アドフレームでは節点以外の部材の中間にもモーメントを置くことができます。その場合は後の計算処理で自動的に荷重点に節点が生成されます。

モーメントはワールド座標系XYZ軸まわりのみです。部材座標系ではないので注意してください。XYZの各軸まわりでないモーメントを扱う場合はあらかじめXYZ軸に平行なモーメントにベクトル分解してから入力してください。

 

2.    設定が終了すれば、[作成]ボタンをクリックします。

3.    コマンドラインに「曲げモーメントの中心点(右クリックで終了) :」と表示されます。

4.    曲げモーメントの中心点を指示します。

  右クリックで終了するまで、同じモーメント荷重が続けて作成されます。

 

部材の方向にそった荷重などを使うときは、あらかじめUCSを変更しておいて、「UCSで入力」をマークしてUCSを基準にした荷重を入力します。自動的にWCSの荷重に換算されます。計算は換算されたWCSの荷重でおこなわれます。

「基本設定」ダイアログボックスで設定した基本単位を変更するには、[基本単位の変更]ボタンをクリックして、「基本単位の変更」ダイアログボックスで、「長さ」、「荷重」を変更します。

表示される荷重の大きさや荷重ケースなど、「荷重設定」ダイアログボックスで設定した項目を変更するには、[荷重設定]ボタンをクリックして、「荷重設定」ダイアログボックスを開き、必要な項目の設定を変更します。

 

 分布荷重

「分布荷重を作成」ダイアログボックス

1.    始点、終点の各方向の荷重を入力します。

  「荷重設定」ダイアログボックスで指定した荷重ケースのタブのみ入力することができます。

 

*       分布荷重

1つのビーム部材の全長にわたり作用する荷重です。単位長さあたりの荷重で入力します。

荷重の方向はワールド座標系XYZ軸に平行な荷重のみです。平行でない荷重を扱う場合はあらかじめXYZ軸に平行な荷重にベクトル分解してから入力してください。

またダイアログボックスの図にあるように単位長さは軸に平行な長さではなく部材の実長で表現します。

実際の計算は分布荷重を等価な節点荷重に置き換えて計算されます。変位や応力の計算結果は節点位置にしか結果表示されないので注意してください。結果表示がほしい点には構造部材の分割で節点を作成してください。

 

*       等価節点荷重の例

上図のような部材の場合等価節点荷重は次のように計算されます。

 

● 分布荷重

分布荷重は、ワールド座標系 XYZ軸方向で表現(部材座標系ではなく)

分布荷重の単位長さ(分母)は水平方向(XYZ軸に平行)ではなく部材に平行な長さ(自重計算を想定しているため)

部材 I-J Z軸方向の 分布荷重 wzI-wzJ が作用

● 長さ

部材 I-J の長さ

 

部材 I-J XY平面への投影長さ

 

● IJ点に作用させる等価節点荷重

I 点に作用する集中荷重   

 

J 点に作用する集中荷重

 

● IJ点に作用させる等価節点モーメント荷重

部材をXY平面に投影させたベクトルの方向余弦

ベクトルのX軸方向余弦

 

ベクトルのY軸方向余弦

 

両端が剛(「拘束はずし」なしの場合=アドフレーム部材座標系x軸まわり、y軸まわりとも拘束)

材端モーメントの一般式(水平な梁の場合)

I端側

 

J端側

 

XY 軸回りの曲げモーメント

I端側     X軸まわり       

I端側     Y軸まわり       

J端側    X軸まわり       

J端側    Y軸まわり       

 

 

2.    設定が終了すれば、[作成]ボタンをクリックします。

3.    コマンドラインに「ビーム部材を選択(右クリックで終了)  :」と表示されます。

4.    分布荷重を作成するビーム部材を指示します。

  右クリックで終了するまで、同じ分布荷重が続けて作成されます。

 

部材の方向にそった荷重などを使うときは、あらかじめUCSを変更しておいて、「UCSで入力」をマークしてUCSを基準にした荷重を入力します。自動的にWCSの荷重に換算されます。計算は換算されたWCSの荷重でおこなわれます。

「基本設定」ダイアログボックスで設定した基本単位を変更するには、[基本単位の変更]ボタンをクリックして、「基本単位の変更」ダイアログボックスで、「長さ」、「荷重」を変更します。

表示される荷重の大きさや荷重ケースなど、「荷重設定」ダイアログボックスで設定した項目を変更するには、[荷重設定]ボタンをクリックして、「荷重設定」ダイアログボックスを開き、必要な項目の設定を変更します。

 

 自重を配置

各部材の自重を荷重として配置します。

1.    自重計算の対象となる部材、荷重ケース、自重の方向を設定します。

2.     [OK]ボタンのクリックで図面上の部材の自重が計算され配置されます。

 

自重は材料設定で入力した各材料の比重と、断面設定で入力した全断面積を使って

比重×全断面積×長さ

で計算されます。

トラスの場合は両端の節点に集中荷重が、ビームの場合は全長にわたる分布荷重として配置されます。

指定された荷重ケースに既に荷重が配置されている場合は、それらの荷重はすべて削除されて新たに自重が配置されますので注意してください。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\LoadCEdit.PNG 集中荷重変更

1.    コマンドラインに「オブジェクトを選択:」と表示されます。

2.     変更する荷重を選択します。

  一度に複数の荷重を変更することもできます。同じ荷重値の荷重図形を複数選択すると荷重値が表示されます。異なる荷重値の荷重図形を選択すると空白になります。

3.     選択された荷重に応じたダイアログボックスが表示されます。

4.    変更する項目の設定が終了すれば、[変更]ボタンをクリックします。

5.    ダイアログボックスが閉じ、荷重が更新されます。

 

   [最後に使用した値を表示]ボタンをクリックすると、直前に使用した値が各項目に表示されます。

 

部材の方向にそった荷重などを使うときは、あらかじめUCSを変更しておいて、「UCSで入力」をマークしてUCSを基準にした荷重を入力します。自動的にWCSの荷重に換算されます。計算は換算されたWCSの荷重でおこなわれます。

「基本設定」ダイアログボックスで設定した基本単位を変更するには、[基本単位の変更]ボタンをクリックして、「基本単位の変更」ダイアログボックスで、「長さ」、「荷重」を変更します。

表示される荷重の大きさや荷重ケースなど、「荷重設定」ダイアログボックスで設定した項目を変更するには、[荷重設定]ボタンをクリックして、「荷重設定」ダイアログボックスを開き、必要な項目の設定を変更します。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\LoadLEdit.PNG 分布荷重変更

1.    コマンドラインに「オブジェクトを選択:」と表示されます。

2.     変更する荷重を選択します。

  一度に複数の荷重を変更することもできます。同じ荷重値の荷重図形を複数選択すると荷重値が表示されます。異なる荷重値の荷重図形を選択すると空白になります。

3.     選択された荷重に応じたダイアログボックスが表示されます。

4.    変更する項目の設定が終了すれば、[変更]ボタンをクリックします。

5.    ダイアログボックスが閉じ、荷重が更新されます。

 

   [最後に使用した値を表示]ボタンをクリックすると、直前に使用した値が各項目に表示されます。

 

部材の方向にそった荷重などを使うときは、あらかじめUCSを変更しておいて、「UCSで入力」をマークしてUCSを基準にした荷重を入力します。自動的にWCSの荷重に換算されます。計算は換算されたWCSの荷重でおこなわれます。

「基本設定」ダイアログボックスで設定した基本単位を変更するには、[基本単位の変更]ボタンをクリックして、「基本単位の変更」ダイアログボックスで、「長さ」、「荷重」を変更します。

表示される荷重の大きさや荷重ケースなど、「荷重設定」ダイアログボックスで設定した項目を変更するには、[荷重設定]ボタンをクリックして、「荷重設定」ダイアログボックスを開き、必要な項目の設定を変更します。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\LoadMEdit.PNG モーメント荷重変更

1.    コマンドラインに「オブジェクトを選択:」と表示されます。

2.     変更する荷重を選択します。

  一度に複数の荷重を変更することもできます。同じ荷重値の荷重図形を複数選択すると荷重値が表示されます。異なる荷重値の荷重図形を選択すると空白になります。

3.     選択された荷重に応じたダイアログボックスが表示されます。

4.    変更する項目の設定が終了すれば、[変更]ボタンをクリックします。

5.    ダイアログボックスが閉じ、荷重が更新されます。

 

   [最後に使用した値を表示]ボタンをクリックすると、直前に使用した値が各項目に表示されます。

 

部材の方向にそった荷重などを使うときは、あらかじめUCSを変更しておいて、「UCSで入力」をマークしてUCSを基準にした荷重を入力します。自動的にWCSの荷重に換算されます。計算は換算されたWCSの荷重でおこなわれます。

「基本設定」ダイアログボックスで設定した基本単位を変更するには、[基本単位の変更]ボタンをクリックして、「基本単位の変更」ダイアログボックスで、「長さ」、「荷重」を変更します。

表示される荷重の大きさや荷重ケースなど、「荷重設定」ダイアログボックスで設定した項目を変更するには、[荷重設定]ボタンをクリックして、「荷重設定」ダイアログボックスを開き、必要な項目の設定を変更します。

 

 

 準備計算

「計算用のデータを作成」ダイアログボックス

1.    節点番号の並び順を指定します。

2.    追加する節点を指定します。

3.    「情報表示」欄で、文字の高さ、文字の記入方向、節点番号、部材番号の表示/非表示を指定します。

4.    設定が終了すれば、[実行]ボタンで準備計算を実行します。

5.    準備計算が正常に終了すれば、次のような確認のメッセージが表示されます。

6.    [はい]ボタンをクリックすると、「解析を実行」ダイアログボックスが表示されます。すぐに解析を実行しないときは、[いいえ]ボタンをクリックします。

7.    準備計算で表示された色や文字を変更するには、[やり直し]ボタンをクリックして、もう一度ダイアログボックスの設定を行い[実行]ボタンをクリックします。

8.    すぐに解析を実行しないときは、[閉じる]ボタンをクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

 

*       準備計算でおこなわれること

準備計算では次のような処理がおこなわれます。

    図面の部材に矛盾がないかチェックします。

    2D設定で3次元方向に部材があるなど、設定内容と部材の位置をチェックします。

    ダイアログボックスの入力にもとづき節点を作成、部材を切断します。(大梁と小梁の交点、節点荷重の位置には自動的に節点が生成されます)

    以上の処理に問題がなければ計算のためのXMLファイルを図面のあるフォルダに作成します。このXMLファイルが以後の処理の基本ファイルになります。

    AutoCAD図面に節点番号と部材番号を作成、表示します。

 

 

荷重の位置や構造は変わらないで荷重値のみが変更になった時の再計算は、「データチェックをおこなわない高速処理」にチェックを入れると高速に計算することができます。

「入力データを整形してHTML表示」にチェックを入れて、準備計算終了後つづけて解析を実行しない場合、入力されたデータがHTMLファイルに保存、表示されます。入力データのチェックをしたい時に使えます。

「基本設定」ダイアログボックスで設定した縮尺に「2.5」をかけた値が文字高さの既定値となります。文字高さを変更するには、[文字高さ変更]ボタンをクリックして、テキストボックスに新しい文字高さを入力します。

要素の色を変更する場合は、[色設定]ボタンをクリックして、「色設定」ダイアログボックスを表示して設定を変更します。

 

 解析実行

「解析を実行」ダイアログボックス

1.    「出力書式」欄で、座標、節点変位、荷重、モーメント、応力度、断面積、2次モーメント、角度(rad/度)の小数点以下の桁数を指定します。

2.    「出力倍率」欄で、「自動 最大値の長さ:」にチェックを入れて、最大値を指定するかまたは、モーメント図、ねじりモーメント図、せん断力図、軸力図それぞれの長さを指定します。変位図の倍率は、「自動 最大値の長さ:」のチェックの有無に関係なく設定できます。

3.    「計算方法」欄で、「計算(入力)用データファイルから計算」「INPファイルから計算」「出力のみ」のいずれかにチェックをいれて計算方法を指定します。

4.    設定が終了すれば、[実行]ボタンをクリックして解析を行います。

 

初めて実行する時は「計算(入力)用データファイルから計算」にチェックを入れておきます。

INPファイルを手作業などで修正したときは「INPファイルから計算」にチェックを入れます。

出力書式や倍率を変更したり、説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\AnalysisErase.PNG「結果表示を削除」などでモーメント図などを削除したりした場合には「出力のみ」にチェックをいれて表示のみをやり直します。

 

*       解析実行でおこなわれること

解析実行では次のような処理がおこなわれます。

    準備計算で作成されたXMLファイルからINPファイルを作成します。INPファイルはSAP IV形式の入力ファイルです。

    INPファイルを元に解析エンジンが計算をおこないます。

    計算が正常におこなわれると、CHKLOGTMPOUTファイルが作成されます。OUTファイルはSAP IV形式の出力ファイルで、他は中間ファイルです。

    OUTファイルの内容から元のXMLファイルに計算結果が書き込まれます。

    XMLファイルの計算結果を読み、AutoCAD図面に結果が作成表示されます。

    ダイアログボックスの「計算方法」のチェックによってここまでの過程の途中から開始することもできます。

 

 

 荷重ケース別表示

荷重ケース別に計算結果を表示します。

「荷重ケースごとの表示/非表示」ダイアログボックス

1.    表示する荷重ケース番号にチェックを入れます。

2.     指定された荷重ケースのみ表示されます。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseViewAll.PNG すべての荷重ケースを表示

すべての荷重ケースの要素を表示します。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseView1.PNG 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseView2.PNG 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseView3.PNG 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseView4.PNG 荷重ケース14 を表示/非表示

荷重ケース1〜4の要素を表示します。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Find.PNG 部材・節点検索

1.    「トラス」「ビーム」「節点」のどれを検索するか選択します。

2.     検索する番号を入力します。

3.     [検索]ボタンをクリックすると、目的の番号が作図画面にズームアップされます。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Beamxy.PNG 部材の座標軸を表示

部材 x 軸が赤色、y 軸が緑色の線分で表示されます。

コマンドラインに「部材軸 線分の長さを入力(0 で表示オフ):」と表示されますので、適当な長さを入力し部材座標軸を表示させます。0を入力すれば部材軸表示が削除されます。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\COLOR.PNG 色設定

「色設定」ダイアログボックス

1.    色を変更したい項目の色番号を直接入力するかまたは、[参照]ボタンをクリックして、「色選択」ダイアログボックスの中から、適当な色を選択します。

1.    [OK]ボタンをクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

2.    変更した項目の色が変更されます。

 

表示/非表示欄のチェックによって、その画層を表示する・しないをコントロールすることができます。

[ビーム/トラスを断面別に色分け]ボタンで、断面の種類ごとの色分けをおこなうことができます。

1.    目的の断面名を選び、[色設定]ボタンで色を決めます。

2.    [OK]ボタンをクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

3.    断面ごとに色が変更されます。

「フレームモデル」タブの図面のみが色分けされます。

図面のレイヤー標準が アドフレーム 以外の時は色分けされないことがあります。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\SelView.PNG 部材を選択して表示/非表示

1.    コマンドラインに「表示するオブジェクトを選択::」と表示されます。

2.    表示したい図形をすべて選択します。

 

すべて表示された状態に戻すには、addCadウィンドウ右下の[選択表示中]のボタンをクリックします。

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\CaseViewP.PNG 部材を選択してその計算結果を表示

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\AnalysisErase.PNG 結果表示を削除

計算結果の図表示を削除します。

ボタンをクリックすると、モーメント図、せん断力図、軸力図、変位図などの解析結果が削除されます。

非表示にするのではなく削除しますので、再度表示するには、「解析実行」を「出力のみ」にして再実行してください。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\u2.ADDS_02\Documents\Dev\AutoCAD 2011 Icon\PNG_S\VIESWI.PNG 南西視点(パース表示)

南西視点でパース表示します。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\u2.ADDS_02\Documents\Dev\AutoCAD 2011 Icon\PNG_S\VIESEI.PNG 南東視点(パース表示)

南東視点でパース表示します。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\u2.ADDS_02\Documents\Dev\AutoCAD 2011 Icon\PNG_S\VIENEI.PNG 北東視点(パース表示)

北東視点でパース表示します。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\u2.ADDS_02\Documents\Dev\AutoCAD 2011 Icon\PNG_S\VIENWI.PNG 北西視点(パース表示)

北西視点でパース表示します。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\u2.ADDS_02\Documents\Dev\AutoCAD 2011 Icon\PNG_S\VIETOP.PNG 平面図

上からの視点で平面図表示します。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Weight.PNG 質量を積算

質量の積算書をExcelに出力します。

単位質量は材料設定で入力した各材料の比重と、断面設定で入力した全断面積を使って

比重×全断面積

で計算されます。

[OK]ボタンのクリックでExcelが起動、Excel上に質量の積算書が作成されます。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Frame.PNG 多層ラーメンを作成

スパン、高さを入力して多層ラーメンを自動作成します。

1.    寸法を入力します。「5000,6000」と「,」で区切るか、「60003」と60003スパンあることを式で入力することもできます。

2.    部材欄に部材を設定します。あらかじめ断面設定で設定した断面から選択します。

3.    柱の方向、挿入基点を決めて[OK]ボタンをクリックすれば図面上にモデルが作成されます。

 

柱や梁に種類があるときは、とりあえず適当な断面にしておいて、モデルが作成されたあとに部材変更します。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Truss.PNG 3Dトラスを作成

寸法を入力して3Dトラスを自動作成します。

1.    寸法、スパン数を入力します。

2.    部材欄に部材を設定します。あらかじめ断面設定で設定した断面から選択します。

3.    挿入基点を決めて[OK]ボタンをクリックすれば図面上にモデルが作成されます。

 

上弦材と下弦材のピッチに異なった数値を入力することで、円筒状のトラスにすることができます。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\TAPER.PNG テーパー管を作成

分割数を指定してテーパー管を作成します。

1.    寸法、分割数を入力します。

2.    挿入基点を決めて[OK]ボタンをクリックすれば図面上にモデルが作成されます。

(この図はイメージです)

すべての断面は自動的に登録されます。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: \\W23\Add_Guest\u2\Icons\PNG_S\Excel.PNG 計算結果をExcelに出力

計算解析結果をExcelに出力します。

1.    出力値の桁数を選びます。

2.    荷重の組み合わせ欄に組み合わせの名称を入力します。

3.    荷重ケースごとに掛ける係数欄に値を入力します。

4.    [OK]ボタンでExcelに計算結果が出力されます。このExcelシートを使って応力度の判定をおこなう計算書を作ることができます。

 

解析実行であらかじめ計算しておかないとExcelに出力することはできません。

 

サンプルプログラム

次のようなサンプルと例題が"C:\Program Files\addCad 18\AddFrame\Sample"フォルダにインストールされます。

サンプルはいずれも解析を終了した状態で保存されています。例題についてはアドフレームHelp2.htmファイルを参照してください。

2Dトラス

2D

3Dフレーム

 

例題

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 028